『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年06月25日 (火) | 編集 |
コラムの原稿で「沈黙は金」という古い諺を引こうとして、その元の英語は Silence is gold だったか Silence is golden だったか迷って改めて調べてみました。手元の辞書には Silence is golden [gold] とカッコ書きで併記されていますが、どちらか一方を書くと読者の方から間違っているというご指摘をいただくことがあるので、念のためネットで調べて裏を取ることにしました。

結論から言うとどちらも使われているのですが、それに関するネット上の質疑応答を読むと、理屈から言えば golden だという意見が散見されます。goldが主に金属の「金」を意味するのに対し、goldenは黄金のように価値が高いという比喩的な意味で使われるというのがその理由で、もっともだと思いました。例えば「金言」は golden saying であって、 gold saying とは言いません。もっとも諺は慣用的なものですから、 Silence is gold は間違いだと決めつけることもありません。英語圏でも地域や世代によって見解が異なるのはこれに限ったことではありません。

(例) Speech is silvern [silver], Silence is golden [gold] (雄弁は銀、沈黙は金)

【参考記事】 Silence is gold or golden? (WordReference.com)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年06月16日 (日) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年6月25日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第431回はSilence is golden (沈黙は金)と題して、相変わらず後を絶たない公人や著名人の舌禍/筆禍事件について、自戒の意味も込めて思うところを書きました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年06月03日 (月) | 編集 |
overtourism は比較的新しい言葉のようで、日本語でもそのまま「オーバーツーリズム」というカタカナ語と表記しているのをよく見かけます。ただしこのカタカナ語はやや冗長な感が否めません。検索してみると「観光公害」と同義語として扱っている例が多数見られます。今のところカタカナ語としては一般には馴染みが薄いようなので、初出時のみ(観光公害)とカッコ書きで補うと分かりやすくていいかもしれません。

そのほか「観光客の増え過ぎ(問題)」「過剰観光」などの訳例も見られます。

(例) to address overtourism (オーバーツーリズム[観光公害]への取り組み)

[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年05月29日 (水) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年6月11日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第430回はOvertourism (観光公害)と題して、オーバーツーリズム、すなわち観光公害の問題を取り上げ、自分の海外旅行の経験を踏まえてこの国が取るべき対策について私論を述べています。

なお、5月14日号掲載の第428回 Imperial era name (元号)、5月28日号掲載の第429回 Default settings (初期設定)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)

※先日久しぶりにサイン入り著書のご注文をいただきました。兵庫県にお住まいのM. K.様、お買い上げいただきどうもありがとうございます (^^)/
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年05月26日 (日) | 編集 |
うちの年長猫(20歳・雌)は半年ほど前から慢性的に脱水症状が現れるようになりました。一度に飲める水の量が減ってきたせいか、放っておくと脱水が進み、明らかに食欲が落ちて便秘がひどくなります。幸い、診察日が多くいつでもすぐに診てもらえる犬猫病院が近所に見つかり、今は週2回ほどそこで点滴してもらっています。点滴するとその日のうちはだるそうに寝てしまいますが、翌日には元気が戻ってお通じもしっかりあります。

それでも近頃は水を飲む量が出ていく量に追い付かないので、市販品のスープタイプの猫用ウェットフードをぬるいお湯で薄めたものを与えています。水を飲まないときもこれならすぐにペチャペチャと飲み干すだけでなく(ただし具はあまり好みでないのか、ほとんど食べず)、それが呼び水になるのか、しばらくすると水皿の水も飲み出します。「なんだ、飲めるじゃん…」と思いつつ、もう年が年なので、好きなようにさせてやることにしました。猫用に作られたスープとはいえ与えすぎも良くないと思い、一日一袋を2~3回に分けてあげています。

なお点滴は皮下注射なので自宅でやれないことはないそうですが、今はまだ獣医の先生にお願いしています。健康状態をチェックしないでやたらと点滴するのもよくないらしく、うちの子の場合はもうかなり痩せてきたので注射針を指すのが難しくなっているからです。

幸いうちの猫殿は外出が嫌いではないようで、診察中の先生に向かって「何するんだよー」と言わんばかりにときどき前足を出す以外は、街の景色や他の患者さんを興味深そうに観察しながら終始機嫌よさそうにしています。他の患者さんの飼い主から「20歳なの? すごいね! そんな年には見えないね」などとほめられると、猫殿もどこか満足げな表情を浮かべています (もしかしたらお供でついていく私も… (^_^;)

(画像リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |