『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年08月21日 (水) | 編集 |
この6月から香港で続く抗議デモに参加する学生が戦術理念として往年の映画俳優ブルース・リー(Bruce Lee)の言葉 Be [like] water を引用しているそうですが、それを伝えるニュース映像の字幕が「水のようになれ」となっていました。その意味には違いありませんが、中国系という彼ののバックグラウンドを考えるなら、この言葉はおそらく老子の「上善水の如し」を踏まえたものでしょうから、私のような古い世代の日本人には「水の如くあれ」(水のごとくあれ)と文語調に訳したほうがしっくりします。

YouTubeで検索してみたところ、その言葉の出所と思われる古いインタビュー映像が出てきました。その中で彼は Be formless, shapeless, like water. などと言っていますが、その件は「水は方円の器に従う」という古い諺を思い出させます。「水のように柔軟であれ」という意味で言われているこれらの言葉は東洋というか漢字文化圏に共通の発想なのかもしれません。

香港の学生が老子ではなく香港映画の伝説的な俳優から引用したあたりは、その昔ブルース・リーの 『燃えよドラゴン』 シリーズに熱狂した世代に属する私も共感できます。



(映像はYouTubeから/画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年08月07日 (水) | 編集 |
ブログやSNSの普及により不適切な行為や発言が集中的な非難に晒される機会が増えるに伴い、そのことを「炎上する」と言うようになりましたが、私が若かりし昭和時代にはこの言葉をその意味では使わなかったように記憶しています。手元の古い辞書で「炎上」という言葉を引いてみると、この意味も用例も出ていません。昔はその意味でよく「集中砲火を浴びる」と言ったものですが、私を含めて日本人の多くが戦争体験から遠のいたせいか、今日ではあまり見かけなくなりました。いずれにせよ英語ではcome under fire (be under fire)で通じると思います。ネットで検索すると下記のような用例が見られます。

(例) he came under fire for his comments (彼のコメントが炎上した/非難の集中砲火を浴びた)
    the tweet under fire (炎上中のツイート)

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年08月07日 (水) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年8月27日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第435回はUnder fire (炎上中)と題して、最近増えてきた会社とのトラブルを顧客や従業員などの個人がネットで告発して起きる炎上騒ぎについて企業の皆様に警鐘を発しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年07月24日 (水) | 編集 |
『財界』誌に連載中の拙コラム『英語で夢を見る楽しみ』〔連載第434回 Alliance (同盟)、2019年8月6日号掲載〕に [state of ] belligerency (交戦状態)という日常見かけない用語を載せていますが、これについて若干補足しておきます。日本語で「交戦」というと広義ではゲリラなどの武装組織との戦闘(combat)を意味することもあるようですが、belligerencyは普通は国のような交戦主体(belligerent entity)同士の戦闘状態(行為)を指す言葉だというのが私自身の認識です。もっともこれは国際法(外交・軍事)用語らしく、一般にはcombat(戦闘)やwar(戦争)ほど頻繁には使われていません。

belligerencyというと思い出されるのは日本国憲法第9条2項の条文にある「国の交戦権はこれを認めない」(The right of belligerency of the state will not be recognized.)の一文です(おそらく学生時代の私がこの単語を初めて知ったのもこの条文でした)。これについてネットで検索すると「国の交戦権」(the right of belligerency)という用語そのものに疑義を挟む見解も見かけますが、そもそも戦争を完全否定している国が圧倒的に少ない国際社会においてこの用語を見かける機会が少ないのは当然といえば当然で、そこは日本独自の概念を英語に翻訳したものと理解すればいいと思います。日本発祥の英語の例はいくらでもあるわけですから、「こんな英語は外国では使われていない」とムキになって主張するのは野暮というものでしょう。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年07月24日 (水) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年8月6日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第434回はAlliance (同盟)と題して、日米安全保障条約に対して懐疑的な見方を示したと伝えられるトランプ大統領の発言を契機にこの際、この国としても同盟関係のあり方を見直してもいいのではないかとの私論を述べています。

なお、7月9日号掲載の第432回 Aircraft carrier (空母)、7月23日号掲載の第433回 Social withdrawal (沈引きこもり)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |