『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年01月30日 (水) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年2月12日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第422回はStep down (辞任する)と題して、昨年末のマティス前国防長官の辞任表明の書簡に見るトランプ政権内のいざこざについて考察を述べています。

なお、1月15日号掲載の第420回 RIP (安らかに眠れ)、1月29日号掲載の第421回 Life prolonging (延命)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年01月25日 (金) | 編集 |
筆者のコラム『英語で夢を見る楽しみ』の連載誌 『財界』 が創設している「財界賞」「経営者賞」の英文名称をどうするかについて編集部からご相談をいただきました。両賞が年間賞であることと、各授賞対象が財界リーダー、経営者であることを踏まえて同編集部と協議した結果、次の英語表記が採用されました。

財界賞  Zaikai Business Leader of the Year

経営者賞  Zaikai Business Person of the Year

なお、同誌を海外に紹介する際にはZaikai, a Japanese business biweekly (日本語の隔週刊ビジネス誌 『財界』)と英訳しています。

⇒本ブログ既出記事参照: Business Person of the Year 【[年間]最優秀経営者賞】 
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年01月21日 (月) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年1月29日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第421回はLife prolonging (延命)と題して、かつて家族を看取った筆者の経験から、延命治療の是非を考える上でそれに使われる医療技術の効用や問題点を知っておくことの重要性について考察しています。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。

単行本に収録されていない過去の記事の一部は筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に再掲載してあります。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年01月21日 (月) | 編集 |
He's dead.(He is dead.)とGoogleに入れて画像検索すると、とある米国人俳優の顔が多数表示されることに気付くかもしれません。彼の名はデフォレスト・ケリー(DeForest Kelley, 写真右/リンク先は Amazon)。往年のSFテレビドラマ『スタートレック』(放送当時の邦題『宇宙大作戦』)で演じた宇宙船USSエンタープライズ号の船医役の彼が、ドラマの冒頭で殉職する端役の乗組員を診てはHe's dead, Jim(死んでいるぞ、ジム/Jimは船長の呼び名)という台詞を口にするのがお決まりの場面でした。

そのドラマで共演の故レナード・ニモイ(Leonard Nimoy)が演じた宇宙人ミスター・スポック(Mr. Spock)のLive long and prosper.(「長寿と繁栄を」⇒本ブログ既出記事参照)という決め台詞とともに、スタートレックファンの間では今でもネタとしてネット上で語り継がれているというわけです。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年12月31日 (月) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年1月15日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第420回はRIP (安らかに眠れ)と題して、SNSで哀悼の意を表するのに使われているRIPという略語を取り上げるとともに、往年のSFテレビドラマ「スタートレック」の名優が残した定番の台詞について述べています。

なお、12月4日号掲載の第418回 At your own risk (自己責任で)、2019年1月1日号掲載の第419回 Milestone (節目)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |