『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2020年03月26日 (木) | 編集 |
新型コロナウイルスに関するこの国の当局や専門家の発表ではカタカナ英語をやたらと使う向きがあるようですが、[感染者の]クラスター(cluster) に続いて今度は「感染爆発」(感染者の爆発的増加)の意味で「オーバーシュート」という耳慣れない言葉が聞こえてきました。英語のovershootをその意味で使うのに違和感を覚えたので例によってネットで検索してみましたが、少なくとも海外の一般向け英文記事にはそういった用例は見当たりません。

Googleの「ニュース」で検索したところ、「感染爆発」を英語ではexplosive outbreak, explosive surge, あるいは単にexplosion(爆発的増加)などと呼んでいるようです。

(例) an explosive outbreak of coronavirus cases(コロナウイルス感染症例/
   感染者の爆発的拡大)
    explosion of coronavirus [cases] (コロナウイルスの感染爆発)

【同日追記】 なお英語のpandemicもこの意味で使われていることがあるが、最近WHOなど保健当局の言うpandemicは複数の国や地域にまたがる感染拡大を意味していることが多く、その場合は「世界的な大流行」と訳されている (前掲 「pandemic 【パンデミック(世界的な大流行)/爆発的感染拡大】」参照)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年03月10日 (火) | 編集 |
pandemicを手元の辞書で引くと「全国的流行[病]」「世界的流行[病]」」などの訳語が出ています。一般には疫病が広い範囲で流行することで、その意味では「爆発的感染拡大」とか「感染爆発」などと言うこともあります。

一方、WHOなど保健当局で言うpandemicとは複数の国や地域にまたがる大流行のことで、その意味では「パンデミック」というカタカナ語に訳した上で(世界的な大流行)とカッコ書きで付記しておくと分かりやすくていいかもしれません。

より狭い範囲での(たとえば一国内の)流行[病]はepidemic(エピデミック)、さらに局所的な(一地域内の)突発的流行はoutbreak(アウトブレイク、集団発生)と呼ばれています。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年03月01日 (日) | 編集 |
昨年末頃に中国・武漢で発生して年明け早々から全世界に影響が拡大している新種のコロナウイルス(およびそれによる感染症)は英語ではよくnovel coronavirus、または発生源の地名を取ってWuhan coronavirus(武漢コロナウイルス)、日本語では「新型コロナウイルス」または短く「新型肺炎」と呼ばれています。患者が呈する症状は必ずしも肺炎のそれだけではないからでしょうか、発生当初は多くの報道機関が「新型肺炎」と呼んでいたのが最近は「新型コロナウイルス」が主流になりつつあります。

その後2月半ばにWHO(World Health Organization, 世界保健機関)がCOVID-19(コビッド・ナインティーン)と命名しました。coronavirus(コロナウイルス)、disease(病気)、それにこの病気が初めて報告された2019年に由来する造語で、発生源の地名や動物の名を冠することによる誤解や偏見を避けるためにこのようにニュートラルな名前をつけるのだそうです。しかし日本の報道では相変らず「新型コロナウイルス」「新型肺炎」と呼んでおり、今のところCOVID-19と呼んでいるのはあまり聞きません。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年01月19日 (日) | 編集 |
ゴムバンドで頭につける懐中電灯を日本語ではよく「ヘッドライト」と呼んでいますが、英語で headlight と言うと普通は自動車や自転車の「前照灯」を意味します(日本語で言うヘッドライトも多くの場合、この意味で使われています)。headlamp (ヘッドランプ)は日英両語ともにどちらの意味でも使われていますが、この言葉も前照灯の意味で使われることが多いようです。

筆者が愛用している百円ショップで買ったそれの商品パッケージの表示も「ヘッドライト」となっていますが、その下に英語で head-mounted light (頭部装着型ライト)と併記してありました。これなら誤解がなくていいかもしれません。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは直接関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年11月09日 (土) | 編集 |
live streaming (ライブストリーミング)は元来は配信される動画をパソコンにダウンロードしながら同時再生する技術の名称でしたが、今ではインターネットによる生中継という意味でも広く使われています。私も数年前までは「ストリーミング生中継」(当ブログ過去記事参照)などと訳していましたが、その意味なら今では「ネット生中継」とでも呼んだほうが分かりやすいと思います。

なお最近は「生中継」のほか「ライブ配信」「生配信」という言葉も広く使われていますが、これはインターネット時代になってから使われるようになった言葉で、私のようにテレビやラジオで育った古い世代にはいまひとつしっくりきません。テレビと同様に「生放送」と呼ぶ向きもありますが、厳密にはインターネットは(主に電波媒体を使った不特定多数向けの)放送(broadcasting)ではなく通信(communication)の一種に分類されてきたこともあって、語弊を避けるために私は使わないことにしています。

YouTubeなどで海外からネット中継されているニュース映像のようなコンテンツは、ほとんどが無料です。「ネットと放送の融合」を名目にテレビ番組をネットで同時配信してパソコンやケータイの所有者からの受信料徴収を狙う某有料公共放送の企てを阻むためにも、両者の区別はきちんとしておくべきでしょう。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |