東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2017年12月14日 (木) | 編集 |
先日ツイッターに追加された新機能「スレッド」(thread)について、最初見た報道では「内容が連続する複数のツイートを一度に投稿する」(Yahoo!ニュース)と説明されていましたが、実際に使ってみたところ、「リプライ」ボタンをクリックすると前に作ったスレッドに後から別のツイートを追加できると分かりました。なおツイッターのヘルプサイトには「Twitterのスレッド機能を使うと、複数のツイートをつなげて投稿することができます。複数のツイートをスレッドにまとめることで、文脈をはっきりさせたり、新しい情報を追加したり、話題を展開させたりできます」と説明されていました(スレッドの使い方については上記のヘルプサイトをクリックするとご覧になれます)。

「2ちゃんねる」のような形式の電子掲示板(BBS)ではスレッドの下に関連するコメントをつけていくようになっています。ツイッターでも前からリプライをつけることによってそのような使い方ができましたが、今回新たに「+」ボタンを追加して最初から複数のツイートを同時に投稿できるようにした上で、改めて「スレッド」という名称をつけたものと思われます。これによってスレッドという言葉がBBSユーザー以外にも広まっていくかもしれません。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2017年12月12日 (火) | 編集 |
「オッケーグーグル!」とか「アレクサ!」と話しかけると音楽の再生や家電の操作ができるスピーカー製品をテレビCMで最近よく見かけます。例によって新商品の類に疎い私はあの類のスピーカーを何と言うのか最近まで知らなかったのですが、調べてみたところ総称(普通名詞)としては「スマートスピーカー」 (smart speaker)が広く使われています。日本語では「AIスピーカー」も使われていますが、スピーカーそれ自体にAI(人工知能)が搭載されているわけではありませんから、実態を表していないという考え方もあるようです。

Google Assistant とか Alexa というのは搭載されている音声アシスタントの名称であって、スピーカーの商品名ではないことも最近になって知りました。前者のスピーカーは Google Home (グーグルホーム)、後者は Amazon Echo (アマゾンエコー、写真)と言うそうです。

参考: Amazon EchoもGoogle Homeも「AIスピーカー」ではなく「スマートスピーカー」だ  〔ロボスタ〕
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2017年06月26日 (月) | 編集 |
orthorectification は「正射投影化」(正射[投影]変換)のことですが、手元の辞書にはありませんでした。空中写真などを正射投影画像に変換する意味では「オルソ補正」という専門用語が広く使われているようです。

どういうものかについては私は不案内なので下記サイトの説明をご覧ください。

〔参考サイト〕 オルソ画像について(国土地理院)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2016年10月28日 (金) | 編集 |
QRコードは日本発の技術で、デンソーの登録商標なのだとか。固有名詞ですから英訳もそのまま QR codeで良いのでしょうが、問題はそれがどういうものか読み手が知っているかどうか。 two-dimensional code (2次元コード)とか a type of matrix code (マトリックスコードの一種)という言い換えもあるようですが、そういうものだという予備知識が読み手に無ければいずれも通じないでしょう。

ネットで検索してみるとsquare barcode (正方形のバーコード)と呼んでいる例が多数見つかりました。正しい言い方ではないかもしれませんが、これなら知らない人でも想像がつきそうです。

ちなみにQRは quick response の略だそうですが、私は本稿を書くにあたって調べるまで知りませんでした。quick response codeなどと書くと、かえって通じないかもしれません。

〔参考〕 What is a QR code? (英国の解説サイト)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2016年10月27日 (木) | 編集 |
scan を辞書で引くとよく出てくる訳語は「スキャンする」「走査する」ですが、例えばQRコードをスマホにかざして認識させることなら日常語では「読み取る」「読み取らせる」または「読み込む」「読み込ませる」と言うでしょう(スマホを持っていない私は実は自分自身でそう言う機会はありませんが)。

(例) scan the QR code with your phone (携帯電話にQRコードを読み取らせる、携帯電話でQRコードを読み取る)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |