『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年04月18日 (木) | 編集 |
ビットコイン(bitcoin)の類の日本語の総称としてかつては「仮想通貨」と呼ぶのが一般的でした。英語ではvirtual currency(仮想通貨)のほかに、その同義語または下位概念として crypto currency(cryptocurrency, 暗号通貨)と呼んでいるようです。日本語でも専門用語としては「暗号通貨」が正式なのかもしれませんが、「仮想通貨」ほど一般には通用していないように思われます。

ところが昨年、政府間の国際会議(G20)でその呼び方を crypto asset(cryptoasset) と改めることが決まって、この国のお役所も「暗号資産」と呼ぶようにしたそうです。いずれにしてもこの類を使ったことがない私のようなローテク人間には何のことやらよく分かりませんが、新しい名称が定着するまでは(仮想通貨)とカッコ書きで併記したほうが通じやすいかもしれません。

(画像リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年04月06日 (土) | 編集 |
cashless payment は日本語では「キャッシュレス決済」と言うのが今日の主流です。現金を使わない決済(支払い)方法を広く指す言葉で、近頃はよく見かけますが、手元の古い辞書にはほとんど見当たりません。キャッシュレス決済は昔からあるクレジットカードのほか、今ではプリペイド(prepaid, 前払い)方式の電子マネー(e-money or smart card payment)やら、何とかペイと称するスマートフォンを使ったモバイル決済(mobile payment)やらと多様化しているようですが、現金払い主義の筆者にはクレジットカードと交通機関系のICカード以外は全く無縁です。

「~決済」という言葉は専門(業界)用語っぽくなるので、消費者の立場でこれを言うなら「キャッシュレス払い」のほうが平易でいいかもしれません。

ネットで検索してみると「非現金決済」という漢語もキャッシュレス決済を簡潔に表現するための言い換え語として使われているようですが、あまり一般的ではなく、読み手や文脈によってはかえって通じにくいかもしれません(下手をすると手形決済などと誤解されるかも…)。今日では私のような一般人が相手なら「キャッシュレス決済」のほうが通じると思います。

(画像リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年03月19日 (火) | 編集 |
航空会社や航空当局が航空機の運航を(一時的に)止める(止めさせる)という意味で使われる英語の動詞 ground を日本語の報道では「運航を停止する」または「運航停止にする」と表現しています。手元の辞書には(飛行機を)「離陸させない、足止めする」とか(パイロットの)「飛行を禁止する」という訳語しか出ていなかったので、一応ここにメモしておきます_φ(・_・

(例) several airlines have grounded Boeing 737 MAX
    (複数の航空会社がB737 MAXの運航を停止した)
    order all Booeing B737 MAX aircraft to be grounded
    (B737 MAX全機の運航停止を命じる)

(画像リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年01月25日 (金) | 編集 |
筆者のコラム『英語で夢を見る楽しみ』の連載誌 『財界』 が創設している「財界賞」「経営者賞」の英文名称をどうするかについて編集部からご相談をいただきました。両賞が年間賞であることと、各授賞対象が財界リーダー、経営者であることを踏まえて同編集部と協議した結果、次の英語表記が採用されました。

財界賞  Zaikai Business Leader of the Year

経営者賞  Zaikai Business Person of the Year

なお、同誌を海外に紹介する際にはZaikai, a Japanese business biweekly (日本語の隔週刊ビジネス誌 『財界』)と英訳しています。

⇒本ブログ既出記事参照: Business Person of the Year 【[年間]最優秀経営者賞】 
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年12月14日 (金) | 編集 |
英語のattractionの訳語として最近は「アトラクション」というカタカナ語がよく使われていますが、私などはアトラクションと聞くと、テーマパークや遊園地の乗り物(ride)や出し物(show)の類を想起します。一方、手元の古い辞書には「呼び物」「客寄せ」という訳語が出ていますが、どちらかと言うと興行やイベントの客寄せの演目のような語感があって、文脈によっては多少違和感があります。

観光ビジネスに関する文書であれば、attractionは「集客施設」または「観光施設」と訳すとそれらしくなります。

(例) accommodation and attractions (宿泊・集客施設)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |