東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2017年04月17日 (月) | 編集 |
no-show は航空機や劇場の座席を「予約しながら現れない客」(予約しておいて来ない客)のことを言います。手元の辞書には「不参客」という訳語が出ていますが、日常語としては見かけません。俗な表現ですが「すっぽかし客」「ドタキャン客」のほうが通じると思います。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2017年03月20日 (月) | 編集 |
外国に拠点を置いて操業している会社という意味の「進出企業」は [a] company operating in ~と英訳することができます。

(例) Japanese companies operating in Vietnam (ベトナム進出日本企業)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2017年02月28日 (火) | 編集 |
原稿に引用されていた The best investment on earth is earth. は Louis Glickman という米国の不動産投資家(1999年没)が残した言葉のようで、英語で検索するとかなりよく引かれているようです。日本語の訳例は見当たりませんでしたが、私はこれを「地上における最適な投資対象は土地である」と訳しました。原文では earth という言葉が二つの意味で使われているのが面白いのでしょうが、拙訳ではそのあたりが上手く出せません… 

この言葉、土地バブルの時代には受けたのかもしれませんが、今日では必ずしも名言だとは思えません。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2017年02月21日 (火) | 編集 |
household formation の日本語訳は「世帯形成」でいいと思いますが、米国などの経済統計のデータのことなら「世帯形成数」と訳しておくと私のような素人には分かりやすいかもしれません。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2017年02月20日 (月) | 編集 |
cap rate(capitalization rateの略)は、不動産投資では不動産物件の収益力を表す指数のひとつで、純営業利益(NOI)を総投資額(物件価格+取得費用)で割って求められる値。「還元利回り」「収益還元率」などと訳すこともありますが、この意味では「キャップレート」とカタカナ語に訳したほうが分かりやすいでしょう。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |