『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2018年10月09日 (火) | 編集 |
通販サイトでは商品の販売元や製造元から報酬をもらって実際には買っても使ってもいない商品について好意的なレビューを書き込む輩が出没していると聞きます。この種のレビューを英語ではfake review、日本語では「偽レビュー」(ニセレビュー)、「フェイクレビュー」などと呼ばれています。検索したところ「偽レビュー」のほうが多数表示されますが、トランプ大統領がやたらとfake news (フェイクニュース)と叫んでいるせいもあってか、近頃では「フェイク~」というカタカナ語も通じます。

(例) five-star fake review (偽5つ星レビュー、5つ星評価の偽レビュー)

日本語ではこのほか「やらせレビュー」「サクラレビュー」といった言い方もよく使われています。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年09月22日 (土) | 編集 |
このところ国際問題で話題になっている英国の「合意なきEU離脱」を英語圏のメディアは no-deal Brexit と呼んでいます。 Brexit no deal と倒置した表現も見られます。この場合、deal は「協定」「取り決め」(=agreement)の意味でしょう。つまり、自由市場や国境管理など個々の問題に関して新たな協定を結べないままEUから離脱してしまうということです。

日本語の「合意」は法律的な文脈ではよく「意志の一致」という意味で使われます。この場合は英国がEUから離脱すること自体にEUが同意しないで英国を引き留めようとしているわけではありません。そう考えると「合意なき離脱」という言い方はともすれば誤解を招きそうですが、すでに定着している以上はそれに倣って訳すしかありません。

ネットで検索してみたところ、専門家の間ではNe deal を「ノーディール」、Brexitを「ブレグジット」(当ブログ既出記事「Brexit 【英国のEU離脱[問題]】」参照)とカタカナ語で訳す向きもあって、たとえば「ノーディール離脱」とか「合意なきブレグジット」などとカタカナ語と漢語を混用している例も散見されますが、あまり一般向きではありません(少なくとも私自身は使いません)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年07月28日 (土) | 編集 |
報道関係者が言う photo op (photo opportunityの略)は記者会見の冒頭などで写真撮影を許可された時間のことです。手元の辞書には「撮影許可時間」といった説明調の訳しか出ていません。検索したところその筋には「カメラ撮り[の時間]」と呼ぶ向きもありますが、一般には通じにくいかもしれません。多くの文脈では「撮影会」が適訳ではないかと思います。「フォトオプ」というカタカナ語はありませんが、「フォトセッション」ならあります。

2018年6月に実施された史上初の米朝首脳会談は会談の内容よりも演出が目立っていたため、海外のメディアは次のような表現で酷評していました (参考: 『英語で夢を見る楽しみ』 連載第409回 Photo op/撮影会

(例) photo-op summit(マスコミ向けの撮影会に終始した首脳会談)
    a glorified photo op(虚飾に満ちた撮影会)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年07月27日 (金) | 編集 |
以前 『財界』誌(『英語で夢を見る楽しみ』 連載第404回 Occupation/職業) に書いた「寄稿者」 (contributor)について補足しておきます。英語の contributor を辞書で引くと「寄稿者」のほかに「投稿者」という訳語も出ていますが、後者はどちらかというと(趣味を含めて)原稿を自発的に新聞や雑誌などのマスメディアに送る人を指して言う言葉であって、仕事として注文(依頼)を受けて記事を書いている人はふつう「寄稿者」と言います。「コントリビューター」というカタカナ語はこの意味ではあまり(少なくとも私は)使いません。

私の場合は仕事で物を書いているので「寄稿者」と称しています。『財界』誌では『英語で夢を見る楽しみ』という自分のコラムに書いていますので、その意味では「コラムニスト」 (columnist)と言って言えないこともないのですが、カタカナ語の職業を称するのはどこか面映いので遠慮しています。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年07月07日 (土) | 編集 |
who we are を「我々が何者であるか」などと直訳すると要を得ません。ここは思い切って「アイデンティティー」という言葉を使う手があります。大学卒程度の教養がある読者を想定するならだいたい通じます。who we are as a nation なら「国民としてのアイデンティティー」と訳します。

(例) at the heart of who we are as a nation (国民としてのアイデンティティーの拠り所[中核]となる)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |