『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年10月29日 (火) | 編集 |
昨日トランプ大統領が発したHe died like a dog.をテレビニュースの字幕では「犬のように死んだ」と訳していたが、大統領の言葉としてはいささか相応しくないように感じた。ここは「犬のように~」という直喩ではなく「惨めな死に方をした」という慣用句として訳すほうが語弊を招かない。

改めて映像を見ると、トランプ大統領はHe died like a dog.の直後にHe died like a coward.と続けており、それをまとめて解釈すると「彼は臆病者に相応しい惨めな死を遂げた」あたりが適訳かと思う。

それで思い出したが、同時通訳の泰斗、村松増美先生(故人)からこう教わった。「大統領の言葉は大統領らしく訳すこと」

ツイッター投稿記事より転載)



映像出所: 'He died like a dog, he died like a coward:' Trump on death of ISIS leader Abu Bakr al-Baghdadi as edited by Global News ― 2019/10/27 公開 @YouTube
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年10月22日 (火) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年11月5日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第440回はHow dare you (よくもそんなことを)と題して、先般開催された国連の気候行動サミットで注目を集めた二人の参加者の発言に使われた英語表現を私なりの視点で論評しました。

なお、10月8日号掲載の第438回 Guideboard (案内板)、10月22日号掲載の第439回 Commendation (表彰)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年10月21日 (月) | 編集 |
手元の辞書を引くと、亡くなった人に勲章を与えるという意味で「追叙」(posthumous honor)という言葉が出てきます。これをGoogleに入れてみると、検索結果数は多いのですが、どちらかというと外国や過去に関する用例が多く、今日の日本語ではあまり使われていないようです。「没後叙勲」または「死後叙勲」のほうが一般には通じやすいと思います。

なお賞勲局のホームページで調べたところ、公式には「死亡叙勲」と呼ばれています。死亡時に叙勲申請するためでしょうが、日常語としてはほとんど見かけず、自分で使うにはちょっと違和感があります。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年10月11日 (金) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2019年10月22日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第439回はCommendation (表彰)と題して、動物病院から最近、長寿猫の飼い主として表彰状をいただいた個人的な体験談も交えながら、表彰や叙勲についてあれこれ思うところを書きました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年10月07日 (月) | 編集 |
日本各地の都市にある「大通(り)」の英訳は、その実態を考えた上で選択しましょう。和英辞典で「大通(り)」を引くとたいていは main street (メインストリート)と出ていますが、これはあくまで「目抜き通り」という意味の普通名詞であって、地名(固有名詞)の英訳には必ずしも適しません。

北海道で生まれた私の場合、大通りと聞いて真っ先に思い出すのは札幌市の中心部を東西に走っているあの「大通」です。その昔、開拓時代には文字通りメインストリートとして計画されたものかもしれませんが、その後長い間、火除地や練兵場(戦時中は畑)などに使われていたそうです。今日この場所は「大通公園」の名で、市民・道民の憩いの場として、また雪まつりなどのイベント会場にも使われる観光名所として全国的に知られています。この公園の両側には道路も走っていますが、メインストリートと呼ぶには程遠いもので、したがってその英訳も、Odori Park または Odori Avenue Park が使われています。

一方、横浜市の「日本大通り」の英訳は Nihon Odori Street がよく使われているようです。横浜方面に土地勘の無い私はよく分かりませんが、画像検索で出てくる写真を見ると街路樹が並ぶ広い通りで、それなら street でなく avenue と呼んでも良さそうに思いますが、検索結果は street が多数派でした。いずれにせよ、固有名詞である以上はその訳語も大勢に従うべきでしょう。

(画像は大通公園のジグソーパズル。リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |