『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年12月30日 (月) | 編集 |
ビジネス誌『財界』 2020年1月15日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第444回はHong Kong (香港)と題して、11月に行われた香港の区議会議員選挙における民主派の圧勝を受けて、現地で今年6月から半年以上も続いている市民や学生の民主主義実現に向けた抗議活動の正当性と重要性を改めて指摘しています。

なお、12月10日号掲載の第442回 Racist word (人種差別語)、2020年1月1日号掲載の第443回 English exam (英語の試験)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年12月17日 (火) | 編集 |
英語の screening は何かを「ふるいにかける」という意味で使われることがあります。入学(入社、入隊)試験などについて言う場合、日本語ではこれを「予備選抜」、俗に「足切り」などと言います。「スクリーニング」というカタカナ語を使う向きもありますが、一般向けには通じにくいので私はこの意味では使いません。

(例) screening of applicants (志願者の予備選抜)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年12月17日 (火) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2020年1月1日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第443回はEnglish exam (英語の試験)と題して、この国の現内閣による英語民間試験の大学入試への導入の失敗に言及しながら、学力を計るための筆記試験と、コミュニケーション能力を測るための面接や即興スピーチといった英語を話す試験との根本的な違いを明らかにしています。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |