『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2020年01月25日 (土) | 編集 |
今年(2020年)2月で拙著 『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』 が集英社新書より発売されて20年になります。この機会に、これまでこの本をお読みいただいた(おそらく)十数万人に上る読者の皆様、ならびにご書評をお寄せいたき励ましてくださった識者の皆様に改めて深甚なる感謝を申し上げます。

発売当時は新書部門のベストセラー扱いしていただいた本書もさすがに近頃では増刷される機会はありませんが、4年前に電子書籍化(集英社e新書)され、今も読まれ続けているようです。自著がベストセラーになったときと同様、その後もロングセラーであり続けることは筆者にとって望外の喜びです。

振り返りますと、本書の舞台となった1980年代後半=昭和末期から平成初期にかけてのソニーは家庭用VTR市場で敗れたベータマックスに代わってカメラ一体型8ミリビデオ「ハンディカム」、ポータブルCDプレイヤー「ディスクマン」で再び市場を席巻していました。将来への希望に胸を膨らませて同社に就職した私にとって、その時期に会社の本業から少し離れた職場で創業者の英語屋=通訳兼カバン持ちとして過ごした4年半は胸中いろいろ複雑な思いもありましたが、稀代の天才創業者に仕えることで貴重な体験をさせていただきました。さらに退社後にその体験記を上梓することによって当時の経験を多くの皆様と分かち合えた自分はとても幸運だったと今もつくづく思います。

発売20周年を迎えるにあたって、ソニー在勤中にご指導いただきたいへんお世話になった職場の皆様、非力な私の立場ではたいしたご恩返しもできそうにないので、ここにひとこと御礼のご挨拶を申し述べるに留めておきます。

なお、本書の上梓に至る経緯とその後の顛末については「英語屋さんの作りかた」と題してメルマガとこのブログに以前連載したものがありますので、ご興味のある方はどうぞ上記リンク先をクリックしてお読みください (同記事へのリンクは今月下旬から来月にかけて毎日1話ずつ、ツイッター@eigoyasanにも投稿する予定です)。

私は今も 『財界』 誌にコラム「英語で夢を見る楽しみ」を連載するなど細々と文筆活動を続けておりますが、拙著「英語屋さん」のことを語り続けるのもそろそろ潮時かと思います。昨年、ブログのタイトルを「~英語屋さん最後の挨拶」と変更したのもその著者としての活動をフェードアウトするタイミングと思ってのことでした。昔の記憶の中には今さら甦らせないほうが良いものがあるかもしれませんし、これ以上は世間の評価に晒したくもないという個人的な思いもありますので、今後は良い思い出も含めて自分の胸に大切にしまっておくつもりです。

関係者の皆様、また何かの機会にどこかでお目にかかる日までどうぞご機嫌よう (^^)/

(画像リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年01月19日 (日) | 編集 |
ゴムバンドで頭につける懐中電灯を日本語ではよく「ヘッドライト」と呼んでいますが、英語で headlight と言うと普通は自動車や自転車の「前照灯」を意味します(日本語で言うヘッドライトも多くの場合、この意味で使われています)。headlamp (ヘッドランプ)は日英両語ともにどちらの意味でも使われていますが、この言葉も前照灯の意味で使われることが多いようです。

筆者が愛用している百円ショップで買ったそれの商品パッケージの表示も「ヘッドライト」となっていますが、その下に英語で head-mounted light (頭部装着型ライト)と併記してありました。これなら誤解がなくていいかもしれません。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは直接関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年01月19日 (日) | 編集 |
ビジネス誌『財界』2020年1月29日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第445回はHands-free (ハンズフリー)と題して、ゴムバンドで頭につける懐中電灯を使って両手を使える状態で作業したところ大掃除の効率が大きく向上した体験を交えながら、この種の器具が日本語や英語でどう呼ばれているか調べた結果を書きました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年01月08日 (水) | 編集 |
雑誌に記事やコラムを載せている人を英語では contributor と言いますが、これに当たる日本語としては「寄稿者」が妥当です。 「コントリビューター」というカタカナ語はこの意味では一般にはあまり通用しないかもしれません。

regular contributorは定期刊行物に毎回書いている人のことで、「定期寄稿者」または「レギュラー寄稿者」が適訳です。「常時寄稿家」という訳語をどこかで見かけましたが、日本語としてはかなり違和感があります。少なくとも私は使いません。

余談ですが、その意味では隔週刊総合ビジネス誌『財界』で十有余年にわたって毎回コラム「英語で夢を見る楽しみ」を書いてきた私もその立場にあるので、ただの「文筆業」よりもそう称したほうがかっこいいかな…と思わないでもありません。

(例) a regular contributor for * magazine (~誌レギュラー寄稿者)
    a regular column contributor (定期[刊行誌]コラム寄稿者)

(画像リンク先は筆者HP内の単行本『英語で夢を見る楽しみ』ページ)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |