『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2020年04月28日 (火) | 編集 |
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年04月27日 (月) | 編集 |
高齢期に入った猫は往々にして身体に変調が現れます。もちろん個体差もあるでしょうが、うちの猫たちはよく便秘、脱水、食欲不振などに悩まされました。外への出入りが自由な昔の飼い猫なら死期が迫ると姿を消してしまうところでしょうが、今は屋内飼いが基本ですから、最期を見届けるまで何度も獣医師のお世話になります。

あくまで素人の飼い主としての私見ですが、触診もしないで最初から診断装置による検査に頼ろうとする獣医師はあまり当てになりません。経験の浅い獣医師ほどその傾向があるようです。検査データばかり見て猫そのものを診ようとしないような獣医師にはかからないほうがいいでしょう。

猫の年齢や体調をよく観察した上で無理の無い治療を勧めてくださる獣医師を選ぶと安心です。人間のように健康保険をかけていないペットはそれなりに治療費がかかりますが、信頼できる獣医師なら、たとえ高額の治療であっても飼い主として躊躇なくお願いすることができます。薬石効なく残念な結果に終わることもあるでしょうが、獣医師が最善を尽くしてくれたと分かっていれば悔いも残りません。

人間の場合もそうですが、いずれにせよ先の長くない高齢者の場合は特に、治療介入によって命をどこまで長らえさせるかは、おそらく誰にとっても判断の難しい問題でしょう。四足歩行動物は、野生動物なら自力で立てなくなる、ペットなら自力で食べなくなるあたりが判断の分かれ目のようです。身体が不自由になった猫を生きながらえさせるには寝床にペットシーツを敷いたり流動食を強制給餌したりすることになりますが、ほぼ一日中目が離せない介護生活が始まるわけですから、飼い主としてもそれ相応の覚悟が必要です。

高齢猫を飼っている方は特に、長く付き合える良い動物病院を早めに見つけておくことをお勧めします。

(画像は動物病院で出してもらった食欲不振犬猫用の高カロリーフード/リンク先はAmazon)

※本カテゴリー「新宿ネコクラシー」はこれにて完結とさせていただきます。長きにわたるご愛読、まことにありがとうございました。飼い猫と飼い主の皆様のご健勝を心よりお祈りします (^^)/
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年04月27日 (月) | 編集 |
ビジネス誌『財界』 2020年5月13日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第452回はStay at home! (家にいろ)と題して、外で人に接する機会が多い著名人や政治家にも新型コロナウイルスの感染が拡大した現状を踏まえて、外出を極力避けて家にいることの重要性を筆者からも訴えています。

3月11日号掲載の第450回 Crisis management (危機管理)、4月22日号掲載の第451回 Panic buying(買いだめ)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。なお、4月22日号(連載第451回)をもちまして私自身の執筆記事が400号に到達しました。長きにわたってご愛読いただいている読者の皆様に心より感謝申し上げます。

ビジネス誌『財界』過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年04月14日 (火) | 編集 |
新型コロナウイルスの感染拡大という戦後最大の危機にあって対策が後手後手に回っている感のある政府が批判を浴びていますが、そのように人的・物的資源を小出しにすることで結果的に悲惨な敗北を招きかねない危い用兵思想を、危機管理の専門家として知られた佐々淳行氏(故人)は著書 『危機管理のノウハウ』 でpiecemeal attack=「兵力の遂次投入」と呼んで固く戒めました。この意味では「戦力の遂次投入」とも言います。

一方、手元の辞書を引くと、 piecemeal attack の訳語として「遂次攻撃」「各個攻撃」などを掲げているものがありますが、これらの訳語には上記のような否定的な意味合いはありません。

(画像リンク先はAmazon ※画像は筆者も持っているPHP文庫版 Part 1 の表紙ですが、残念ながらこのシリーズはすでに絶版となったようです。電子書籍も見当たりません。「兵力の遂次投入」については同巻pp.107~118 「ピースミール・アタックの戒め」に述べられています)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年04月01日 (水) | 編集 |
ビジネス誌『財界』 2020年4月8日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第450回はCrisis management (危機管理)と題して、筆者の座右の書である『危機管理のノウハウ』 (佐々淳行著)に学ぶべきリーダーの危機対応のあるべき姿について論じています。なお編集の不手際から、本誌面の一部で英単語が不適切に改行されハイフネーションをしていない箇所がありました。筆者からお詫び申し上げます。

3月11日号掲載の第448回 Outbreak (突発的流行)、3月25日号掲載の第449回 Disastrous crisis(災害級の危機)を筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |