東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2016年09月17日 (土) | 編集 |
銃器に由来する英語表現は武器に縁のない私のような日本人には今ひとつピンと来ないところですが、lock and load もそのひとつです。手元の辞書を引いても見当たりません。もともとは銃弾の入ったカートリッジを銃に装填したことをこう言っていたようで、その意味なら日本語では「装填完了」(弾込めよし)あたりが無難な表現かと思います。そこから転じて(銃とは関係のない文脈で)「準備よし!」という意味で使われていることもあるようです。

インターネットで調べたところ、この表現はアメリカ映画 『硫黄島の砂』 (1949年製作)のジョン・ウェインの台詞から広まったというのが定説になっているようです(参考: lock and load ― Urban Dictionary)

なお、銃の構造から考えると load and lock (装填してロックする)が正しいのではないかという向きもあって、こちらも実際よく使われているようです(参考 "load and lock" vs. "lock and load" ― Discussion Forum, A Way with Words; その中に出ていた一説によると、flintlock = 火縄銃はまず火縄を lock してから弾を load するので、もともとはやはり lock and load だったとか)。いずれにしても、語源の如何に関係なく、慣用表現としては両者の意味に違いはなさそうです。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |