『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2016年09月22日 (木) | 編集 |
『財界』誌(2016年10月4日号)掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」第366回 Wish list(欲しいものリスト)でも言及しましたが、「死ぬまでにやりたいことのリスト」という意味で使われる bucket list という英語表現があります。私はこの言葉を題名に冠したアメリカ映画 The Bucket List (邦題最高の人生の見つけ方 [DVD]2007年公開)を見るまで知りませんでした。

日本語のやまと言葉や漢語にはこれに相当する端的な言葉が見当たらず、その意味を知らない読み手を想定するなら、少し長くなりますが「死ぬまでにやりたいことのリスト」と説明調で訳すのがいいようです。読み手がそれと知っているという前提なら「バケツリスト」や「バケットリスト」とカタカナ語にしても通じるかもしれません。ネットであれこれ調べてみたら、映画の字幕などで「棺桶リスト」(棺おけリスト)と訳した例もあるようですが(字幕の場合は字数に制限があるので仕方が無いのかもしれませんが)、これも一般に通じる日本語ではありませんし、説明されないと何のことかわかりません。

さてその映画、前半では二人の珍道中がユーモアたっぷりに描かれていますが、後半では涙を誘い、結末に向かって人生で本当に大切なものは何かを考えさせてくれました。人生の折り返し点をとうに越えた今の私には感じ入るところの多い作品でした。


[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |