『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2016年10月01日 (土) | 編集 |
 先住の雌猫、クロちゃんは今年で17歳になる。野良猫出身なのでもちろん推定年齢だが、家内の話によると、約2ヵ月くらいの子猫のときに母猫がこの家に連れてきたのでほぼ間違いない。

 その母猫は完全な野良猫で人間に近寄ろうとさえしなかったが、毎年のようにどこかで生んだ子猫をこの近所の家に預けて回る賢い猫だった。まだこの家に住んでいなかった私もたまたまその姿を目撃したことがある。クロちゃんと同様にとても小柄なこの母猫は、三毛、白黒、白色の3匹の雌の子猫を軒下に連れてくると、この子らの面倒をみてやってくれと訴えるように私の顔をじっと見つめた後、子猫だけ置いて去った。その後は一、二度姿を見かけたきり、ぷっつりと現れなくなった。ひさしぶりにその姿を見たときには新たに生まれた子猫を3匹置いていった。そのためこの家では一時期、6匹もの子猫が軒下で暮らしていた。それ以上増えると面倒を見きれなくなるので、一斉に捉えて避妊・去勢手術を受けさせた。もっともその直前に身の危険を感じたのか、年少の子猫は何処へともなく姿を消し、結局は手術を受けた先住の雌猫3匹がこの家に残った。

 その賢い母親の遺伝だろうか、クロちゃんは身体は小さいが利発な猫だ。人に何かを要求するときにはニャーとは鳴かず、人の目を見てはトイレの掃除をしろだの、もっとおいしい食事を出せだの、寝床を高い所に移せだのと目力であれこれ指図してくる。毎晩1階の台所で家事をしている家内と2階の仕事部屋でパソコンに向かっている私を呼びに来ては寝室に集め、自分はお気に入りの座椅子に陣取って「集会」を開く。猫の本能的な行動だとは思うが、その知能には驚かされる。私たち夫婦と猫2匹の生活パターンはいわばクロちゃんが仕切っていて、私はこの猫による支配体制を「ネコクラシー」と呼んで本稿のタイトルに冠することにした。

 弟分のニーくんは以前飼っていたドラちゃんの没後、まるで彼の後釜ですと言わんばかりの絶妙なタイミングでこの家にやってきた。クロちゃんとは最初はお互いに無関心だったが、そのうち家族のように振る舞うようになった。両方とも同じ白黒柄なので、よく「兄妹ですか」と聞かれるが、いずれも父親のわからない野良猫の出だから、血縁関係があるかどうかまではわからない。じゃれ合いが激しくなるとクロちゃんが怒り出すこともあるが、ふだんは仲良く並んで毛づくろいをしたり、テレビで動物番組を見たりしている。ただ、食いしん坊のニーくんが少食のクロちゃんのごはんまで食べてしまうので、夕食時の2時間と就寝時間から翌朝まではクロちゃんを2階に、ニーくんを1階に入れてドアで仕切っている。

 人間でもそうだが、ときどき距離を置いたほうがお互いにストレスにならなくていいようだ。(つづく)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |