東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2016年10月14日 (金) | 編集 |
外国の方も含めて人の出入りが最近増えたお隣とわが家は門口を共用しています。お住まいの方やその来客が自転車を停めるのはかまわないのですが、チェーンでフェンスにロックされると別の来客の自動車が出入りしにくいことに気付きました。車を無理に入れたり停めたりすると損壊のおそれがありますし、災害発生時には避難の妨げにもなりかねません。

チェーンを外して自転車を退けてくださいといちいち口頭でお願いするのもお互い煩わしいので、その場所に掲示を出しておくことにしました。

A4サイズの普通の紙にプリントしたものを透明なファイル(クリアポケット)に入れてその四隅を短い結線バンドで括りつけて出来上がり。我ながら良い出来栄えだったので (^^ゞ、ここに写真を載せておきます。材料はいずれも百円ショップで手に入ります。

隣家の管理人に協力をお願いしておいたこともあって、その後トラブルは起きていません。何かのご参考まで。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |