東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2016年11月03日 (木) | 編集 |
『財界』誌(2016年11月15日号)掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」第369回 Tune in (選局する)の表題に掲げた tune in の訳語について少し補足しておきます。

インターネットや携帯電話など無かった時代にテレビやラジオで育った私の世代は、テレビは「チャンネルを合わせる(回す)」、ラジオは「ダイヤルを合わせる(回す)」がその意味で使う日常語でした。ラジオ技術用語では「同調する(させる)」と言います。そうすることをリスナーの立場では「選局する」とも言いました。「チューニングする」というカタカナ語も使っていました。

(例) tune in to the radio station (ラジオ局を選局する)
    tune in to the radio frequency (ラジオ[放送]周波数に同調させる)
    tuning of the radio (ラジオのチューニング、ラジオの同調)

本稿を書くにあたってあれこれ辞書を引いていたら、tune in の訳語として「受信する」(receive)を載せているものがありましたが、この言葉は単にラジオ放送を受信する(ラジオを聴く)という意味ではなく、ダイヤルを調整して放送波に合わせる(放送局を選ぶ)という意味ですから、誤解が無いようにここに書いておきます_φ(・_・
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |