東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2016年11月20日 (日) | 編集 |
 冬になるとニーくんは人用のコタツ、クロちゃんは猫専用のコタツに入って寝ることは前にも書いたが〔(4)猫のコタツ参照〕、ニーくんは人用のコタツを出す前の秋口からときどき風邪を引くものだから、夜間だけ、昔使っていた古いパネルヒーターを点けてやっている。

 先日、そのパネルヒーターを触ったら以前よりも熱くなっていることに気付いた。様子を見ていると、一定温度以上に過熱すると切れるはずのサーモスタットが働いていないらしく、ずっと点きっぱなしだ。熱くなり過ぎても危険だし、完全に壊れるのも時間の問題と判断して、ニーくんには新しいのを買ってやった。寒くなる前にと急いで注文したが、Amazonは在庫があれば一両日中に届くので有り難い。

 取り寄せたパネルヒーター(山善(YAMAZEN) ミニパネルヒーター ホワイト DP-B165(W))はトイレや机の下のような狭い場所に入るように出来ていて、これまで使っていたのより二回りほど小さいが、それだけに場所を取らないし猫用にはちょうどよい。定格消費電力は前のと同じ160Wで、点けてみたら温かさも同じくらいだった。これならニーくんも満足だろう。 最近はこの種の簡単なパネルヒーターを製造している国内メーカーも少ないようだが、貧乏な私でも手が届くくらい安価になったのはうれしい。

 なおニーくんの風邪は放っておいてもだいたい二、三日で治る。前はよく慌てて動物病院に連れていったが、結局は食欲不振と軽い脱水症状だけだと分かったので、人間の風邪と同様、暖かくして寝かせて治している。飼い主と同様に二―くんもあまり病院に行きたがらないからだ(^_^;)。猫の場合(特に太目のニーくんは)二、三日食べないくらいは問題ないが、水も全く飲まなくなると脱水症状に陥る危険があるので、水を少しぬるくして一日に数回、無理にでもスポイトで飲ませる。最初は「何するんだよ~」という顔をしてじたばたしたが、自分のためだと分かってくれたのか、最近はおとなしく飲ませるようになった。

 猫も長く付き合っていると個体別の健康管理方法がつかめてくる。ニーくんの場合は季節の変わり目によくそういうことがあるので、あまり寒くならないうちに寝床から少し離れたところにパネルヒーターを置いて暖を取らせるのが体調を維持するコツだ。うちには使っていない古い電気座布団もあるが、長時間寝床から離れようとしないニーくんには低温やけどの心配もあるので使わせていない。パネルヒーターは電気座布団などに比べると消費電力が大きいからそれだけ電気代はかかるが、電気ストーブに比べると安いものだし何よりも安全だ。

 
(写真左)ニーくん専用 /(右)クロちゃん専用
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |