東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2016年12月15日 (木) | 編集 |
今朝テレビのチャンネルを回していたら、BSで「奥さまは魔女」を放送していました。なんでもこのドラマが日本で初めて放送されてから今年で50周年を迎えた記念にシーズン1を一挙放送するのだとか(詳しくはBS朝日「奥さまは魔女」番組公式サイト参照)

この「奥さまは魔女」は私が子供の頃から何度も再放送で見てきたアメリカのテレビホームコメディ(sitcom)で、おそらく私より上のテレビっ子世代ならそのタイトルくらいは知っていると思います(このドラマを知らない若い世代向けにはその旨注記しておく必要がありそうです)。私が田舎で見ていた当時はなぜか「へんしん!サマンサ」というタイトルで再放送されていた記憶があります(サマンサはこのドラマの主役である魔女の奥さまの名前。夕方5時頃の放送だったので子供向けに変えたのかもしれません)。
 

英語の原題が Bewitched だということは大人になってから知りました。ちなみに bewitched を手元の辞書を引くと「魔法にかかった」「化かされた」などとありますが、文脈によっては「憑(と)りつかれた」という日本語がよく当てはまると思います。良い意味では「魅せられた」と訳すことがありますが、このテレビドラマのタイトルもたぶん両様に取れるのでしょう。

余談ですが、このドラマを見ているとつい目にとまるのがスティーブンス家の玄関ドア脇のテーブルの上にある燭台(たしかリビングルームにもあったような…)。外見はユダヤ教で用いるメノーラ(menorah, 写真参照)のようで、わざわざ目につくところに置いているのは、夫ダーリン・スティーブンスがユダヤ教徒だということを暗示しているのかとつい余計な勘繰りをしてしまいます。キリスト教徒の家に魔女が住む設定は避けたかったのか?…と憶測してネットで検索しましたが、ダーリンがユダヤ系かどうかについての見方はどうやら人それぞれのようです。私が記憶する限りスティーブンス家ではクリスマスも普通に祝っていましたので、そう考えるとあの燭台に深い意味はなかったのかもしれません。


「奥さまは魔女」オープニング/クロージングクレジット(YouTube動画)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |