東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2017年01月21日 (土) | 編集 |
英語で an Act of the UK Parliament というのは「英国の議会が制定した法律」のことで、これは「英国の法律」と訳すと分かりやすいと思います。英国にはそのほかスコットランドやウェールズなどの地方議会が制定した法律もあるのでこのように言い分けているようです。

以前英訳を頼まれた雑誌の記事で、英国のある法律を「英国会法」と呼んでいました。しかし日本語で「国会法」または「議会法」と言うと、普通は国会(議会)の運営方法を定めた法律(the Diet Law/the Parliament Law)を指し、前記の意味(英国の法律)では使いません。有名な雑誌も誤った表現を使っていることがよくあり、字面通り受け取ることなく意味を考えて訳す必要があります。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |