『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2017年04月29日 (土) | 編集 |
比較的大きな箱型の旅行カバンは一般に「スーツケース」(suitcase)と呼ばれています。私のような中高年世代は古い言葉で「トランク」(trunk)と呼んでいましたが、今日では業務用など特別なものを除いて旅行用品としてはあまり使われていないようです。

私などはスーツケースと聞くと機内持ち込みできない(かつてトランクと呼んでいた)大きなものを連想しますが、英語の suitcase は機内持ち込みが可能な比較的小さなものも含まれます(画像検索で carry-on suitcase と入力すれば一目瞭然です)。

日本語では、後者のような小さなものを含めてハンドルと車輪がついたカバンを「キャリーケース」と呼ぶ向きもありますが、これは英語ではありません。どのようなもの指してこう言うのかは人によっても違うようですし、私自身は使いません(キャスターのついた小さなカバンを家では俗に「コロコロ」と呼んでいます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |