『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2017年06月01日 (木) | 編集 |
ハワイでは職場のほか結婚式や葬式などでの服装に aloha attire (Aloha attire)で良いとされるようですが、問題はその日本語訳。原語は「アロハな服装」という意味ですが、女性の場合はアロハシャツ(aloha shirt)とは限りません。「アタイア」というカタカナ語は一般には定着していないので、アロハアタイアとカタカナ表記するのもどうかと思います。ここは「アロハウェア」(aloha wear)と訳すのが最も無難でしょう。ドレスコードの話なら「アロハ着用」と訳してもいいかもしれません。

(例) casual and aloha attire (カジュアルウェアまたはアロハウェア/普段着またはアロハ着用)

官製造語で言う「クールビズ」を伝えるニュース映像ではよく派手なアロハシャツを着て机に向かっている公務員の姿を見かけますが、リゾート地でよく見かけるアロハシャツとビジネス用のそれは明らかに違います。ハワイの人たち職場にはけばい柄の真っ赤なアロハに短パン、ビーチサンダルといった出立ちでは出勤しません。ご参考までにそのへんの現地事情を説明したウェブサイト(英文)へのリンクを貼っておきます。

Attire in Hawai'i (University of Hawai‘i,) ※写真あり
Men: Dress For Success In Hawaii (How to live in Hawaii)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |