東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2017年09月21日 (木) | 編集 |
米国のトランプ大統領が国自爆連演説で北朝鮮の指導者キム・ジョンウン(金正恩)氏のことを Rocket Man と呼んだことが意外に反響を呼んでいます。もしかしたら北朝鮮問題のキーワードのひとつになるかもしれませんので、ここでその意味や訳語を整理しておこうと思います。

インターネットで検索してみると、日本のマスメディアは「ロケットマン」とそのままカタカナ語に訳して伝えています。ネットでは「ロケット野郎」と訳したほうが意味が分かりやすいという声もあるようで、私もそう思わないでもありませんが、ここは固有名詞としてやはり「ロケットマン」と訳すのが無難です。

トランプ大統領は一昨日(9月19日)の国連総会の数日前にもすでにツイッターで "Asked him how Rocket Man is doing" (ロケットマンはどうしているかと彼 [韓国のムン大統領] に聞いた)とこの言葉を使っています(下記参照)。いかにもあの世代のアメリカ人らしい軽口だと私は思いましたが、それがネットやマスコミで話題になったことに気をよくしたのか、国連での演説でも Rocket Man' on a suicide mission(自殺攻撃作戦に走るロケットマン)と言い放ちました。

rocketman

旧東側(共産圏諸国)では伝統的にミサイルもロケットと呼んでいました(当ブログ記事 rocket 【ロケット/(主に旧東側で)ミサイル】参照)。トランプ氏がRocket Man という言葉を使ったのは、旧東側の技術を使った時代遅れのミサイルとでも言いたげな皮肉が込められているのかもしれません。

"Rocket Man"という言葉そのものは昔からあるようです。験しにこの言葉をGoogleに入れて画像検索してみると、ロケットにまたがった男の姿やら昔の漫画のキャラクターやらが表示されますが、いずれも滑稽なイメージです。挑発を止めない北朝鮮の指導者に対するトランプ氏の意趣返しと言われればそうかもしれませんが、米国の大統領がこういった諧謔を弄するところを見ると、現時点ではまだ戦争が差し迫っているわけではないように思えます。むしろこういった戯れ言(bantering)の中にこそ緊張緩和の糸口を見出したいものです。

【2017.9.22追記】
Rocket Man という言葉の由来をエルトン・ジョンが作った同名の歌 "Rocket Man"(1972年)ではないかとする説が米国で広まっているそうです。なんでもトランプ氏はエルトン・ジョンが好きだとかで、その曲名が念頭にあったとしても別に意外ではありません。無粋な私には彼の音楽のことは分かりませんが、その歌を聴いてみたところ。ヒーロー気分になれない孤独な宇宙飛行士の姿を歌ったもののようで、いろいろと憶測はあるようですがその歌詞自体に今の政治状況との直接的な関係は無さそうです。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |