『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2017年11月04日 (土) | 編集 |
明日(11月5日)、米国のドナルド・トランプ大統領が初めて来日します。

とかくマスコミと対立しては物議を醸してきた同大統領の言動にはかつての政治学徒である私も 『財界』誌連載のコラム「英語で夢を見る楽しみ」で何度か言及してきました。2017年11月14日号では「ツイートの自由」と題して、同大統領が「ツイッターなどのSNSで見解を表明することには懐疑的な見方もある」と認めながらも、私自身はかねてから同大統領を含めて政治家や政党のツイッターによる情報について賛否両面から評価してきました。

これを機会に読者の皆様とともにこの問題を考える一助として、拙ホームページに掲載してあるトランプ大統領のコミュニケーションスタイルに関連する記事へのリンクを下に貼っておきます。

Trump トランプ (『財界』2017年1月3日号掲載)
〔2016年〕米国大統領選挙では、英国のEU離脱(Brexit)に続いてまたもや大方の予想を裏切り、不動産王のドナルド・トランプ氏(共和党)が、ヒラリー・クリントン氏(民主党)との間で繰り広げられた史上最低とも言われる中傷合戦を制して当選した… 〔続きをHPで読む〕

Tweet ツイート (『財界』2017年2月21日号掲載)
"Don't be rude."(無礼な態度は慎め)―当選後初の記者会見に臨んだトランプ次期大統領(当時)は、米CNN記者の質問を遮ってこうなじった。"Your organization's terrible. You're fake news."(お前の会社はひどい。偽のニュースだ)… 〔続きをHPで読む〕

Buy American 米国製品を買え ( 『財界』2017年3月7日号掲載)
何から何まで異例ずくめで就任前から話題を呼んだトランプ大統領はその就任演説(inaugural address)も風変わりだった。21世紀の今日、まさか米大統領の就任演説でbuy American and hire American(米国製品を買え、米国人を雇え)という保護貿易主義的なフレーズを耳にするとは思いもよらなかった… 〔続きをHPで読む〕

このほかにも政治家による選挙運動目的のツイッター利用に対して否定的な面から書いた記事が単行本『英語で夢を見る楽しみ』 (pp. 151-152 「無駄な選挙運動」)に収録されていますので、よろしければご覧ください。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |