『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2018年05月08日 (火) | 編集 |
ペットの犬や猫も高齢になると足腰が弱り、トイレがうまく使えなくなったり、おそそうをしたりしてしまうことが多くなります。ところが市販のトイレシーツの吸水面はふつう片面だけで、ペットが誤ってこれを裏返しにしてしまうと自分の足や床を濡らしてしまいます。

そこでうちでは、吸水面が表になるようにペットシーツを二つ折りにしてその両端を糊付けして両面で吸水できるようにして使っています(下注)。


さらに床面にもう1枚別のトイレシーツを敷いて、その上にこの両面吸水シーツを重ねておけば、上と下のシーツが確実におしっこを吸い取ってくれます。下に敷いたシーツがずれないように小さな目玉クリップなどでケージに固定しておくといいでしょう。一度に上下2枚消費することもよくありますが、これならペットの足も床も濡れません。


うちではトイレをケージいっぱいに広げてシーツを2組左右に並べています。最初は片側しか使わなかった猫も、今では要領よく左右交互に使うようになりました。

〔注〕
(1) スティック糊を使うと手際よく貼り合わせことができますが、3本で百円の某国製を使ったところ全く付きません (>_<) スティック糊なら1本百円でもトンボ鉛筆のピットハイパワー を推奨します。
(2) 両面吸水トイレシーツの市販品があるのかもしれませんが、うちの近所の店には見当たりません。安い片面シーツを二つ折りにした手作り両面シーツなら、糊付けの手間はかかりますが経済的です。
(3) トイレシーツに関する通販サイトの商品レビューを読むと、(特に外国製の場合)吸水力がいまひとつ良くないといったコメントが散見されます。うちではシーズイシハラというメーカーの国産品(日本製)を使っていますが、価格は安くてもシーツ自体の吸水力に問題を感じたことはありません。

ペットの足やお尻が濡れて困っている飼い主の皆さん、ひとつ試してみてはいかが (^_^)v
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |