『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2018年08月23日 (木) | 編集 |
身内に不幸があったとき、経験が無いと葬儀の形式や葬儀社の選択に戸惑ってしまいます。私もいい年になって身内の葬儀に参列したり自らその準備に関わったりする機会が増えましたが、いかんせん経験も人脈も、また(東京暮らしが長くなったので)実家のある札幌の土地勘もほとんど無い。よく分からないことがあると例によってネットで検索して調べますが、葬儀社などが載せている情報は参考になるものの、葬儀を出す側(喪家)の視点で書かれたものは口コミ(Q&A)サイトくらい。

家族が若く元気な方は葬儀の手配について考える機会はまず無いと思いますが、いつかは来る最期や別れの心構えとして、自分なりに気付いたことをこのブログに簡単に書き留めておくことにしました。

予めお断りしておきますが、同じ日本人でも葬式の慣行は宗教や地方によって大きく異なりますし、おそらく、本人や家族の死生観などによっても様々に違った形を取り得ると思います。だから当然、どれが正解ということはありません。以下に書いていくことは、あくまでも私個人の経験に基づいてご参考までに載せるものであって、自分の流儀をお勧めする意図はありませんのでくれぐれも誤解無きよう。

(写真は札幌市内を流れる豊平川)

【家族葬ノート】 目次 (ここをクリックして全部読む)
● はじめに (この項目)
(1)葬儀社の選択
(2)家族葬の選択
(3)無宗教葬の選択
(4)遺影の作成
(5)会葬者への対応~香典、供花供物など
(6)香典返しの手配
(7)納骨・埋葬まで
(8)北海道独特の葬式の流儀
● 弔意の伝達に関する 『英語で夢を見る楽しみ』の過去記事
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |