『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2018年09月04日 (火) | 編集 |
グーグルホーム(Google Home)やアマゾンエコー(Amazon Echo, 写真上)などのスマートスピーカー(AIスピーカー、既出記事参照)を起動するときに発する「オッケーグーグル(OK Google)」とか「アレクサ(Alexa)」という言葉を一般(普通)名詞でどう言うのか調べてみたところ、英語ではhotword, wake word, trigger word など、日本語では「ウェイクワード」「起動ワード」「呼び名」「呼びかけ」などとまちまちですが、現時点では日英いずれも「ウェイクワード」(wake word)が優勢です。

Amazon Echoのヘルプサイトを見たところ「ウェイクワード」と呼んでいました(Googleのヘルプサイトには「話しかける」としか書いていない)。日本語の「ホットワード」(HOTワード)はツイッターなどのSNSで最近よく検索される言葉という意味で使うことが多いからでしょうか、ウェイクワードの意味ではあまり使われていないようです。

前述のヘルプサイトを見ると、選択可能なウェイクワードのひとつに「コンピューター」(Computer)があります。私などは往年のSFテレビドラマ 『スタートレック』(放送当時の邦題 『宇宙大作戦』)を思い出します。スマートスピーカーどころかパソコンさえまだ姿形も無かった1960年代に、音声認識機能を搭載したコンピューターにこう呼びかけて起動する場面がありました。当時のSF物の先見性に改めて感嘆します。

最近はLEDディスプレイを搭載したスマートスピーカーも出ています(Echo Spot, 写真下)。昔ながらのパソコンしか持っていない私自身はまだ使っていませんが、使い道を想像するだけで胸躍ります。

(写真はいずれもAmazonのスマートスピーカー。リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |