『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2018年09月08日 (土) | 編集 |
9月6日未明に北海道胆振地方で発生した強い地震(下注)の影響で発電所が故障し、その影響でまる1日から2日間にわたって北海道全域で停電が続きました。報道ではこのような地域全体にわたる停電のことを「ブラックアウト」と呼んでいましたが、このカタカナ語をその意味で使っているのを私は今回初めて耳にしました。前代未聞の事故だったこともあって、本来は一般には使われない専門用語が報道で表に出てきたのではないかと思います。

英語のblackoutは一般に「停電」(power outage)の意味で使われています。ただし、どちらかと言うと広範囲で起こる停電について使うことが多いようで、それらしく訳すなら「全域停電」「大停電」とすれば一般にも通じやすいでしょう。カタカナ語の「ブラックアウト」は今はまだ専門用語の域を出ていません。

blackoutという英単語は予測不能な停電、計画的な停電のどちらにも使われています 「計画停電」 ⇒既出記事参照)。空襲対策として戦時下に実施される意図的な停電は「灯火管制」と言いますが、この訳語は手元の辞書にも出ています。

このあたりの使い分けはネイティブスピーカーの間でも見解が分かれるようです。興味深い議論がネットに出ていましたのでご参考までにリンクを貼っておきます。

【参考記事】 Power outage / blackout, black-out 〔WordReference.com〕

(注) 後日震源に近い厚真町では震度7と判定され、「平成30年北海道胆振東部地震」と命名された。千歳市や札幌市の一部でも震度6弱を記録したこの地震では大停電のほか土砂崩れや液状化による陥没など大きな被害が発生した。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |