『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年04月18日 (木) | 編集 |
ビットコイン(bitcoin)の類の日本語の総称としてかつては「仮想通貨」と呼ぶのが一般的でした。英語ではvirtual currency(仮想通貨)のほかに、その同義語または下位概念として crypto currency(cryptocurrency, 暗号通貨)と呼んでいるようです。日本語でも専門用語としては「暗号通貨」が正式なのかもしれませんが、「仮想通貨」ほど一般には通用していないように思われます。

ところが昨年、政府間の国際会議(G20)でその呼び方を crypto asset(cryptoasset) と改めることが決まって、この国のお役所も「暗号資産」と呼ぶようにしたそうです。いずれにしてもこの類を使ったことがない私のようなローテク人間には何のことやらよく分かりませんが、新しい名称が定着するまでは(仮想通貨)とカッコ書きで併記したほうが通じやすいかもしれません。

(画像リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |