『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年05月26日 (日) | 編集 |
うちの年長猫(20歳・雌)は半年ほど前から慢性的に脱水症状が現れるようになりました。一度に飲める水の量が減ってきたせいか、放っておくと脱水が進み、明らかに食欲が落ちて便秘がひどくなります。幸い、診察日が多くいつでもすぐに診てもらえる犬猫病院が近所に見つかり、今は週2回ほどそこで点滴してもらっています。点滴するとその日のうちはだるそうに寝てしまいますが、翌日には元気が戻ってお通じもしっかりあります。

それでも近頃は水を飲む量が出ていく量に追い付かないので、市販品のスープタイプの猫用ウェットフードをぬるいお湯で薄めたものを与えています。水を飲まないときもこれならすぐにペチャペチャと飲み干すだけでなく(ただし具はあまり好みでないのか、ほとんど食べず)、それが呼び水になるのか、しばらくすると水皿の水も飲み出します。「なんだ、飲めるじゃん…」と思いつつ、もう年が年なので、好きなようにさせてやることにしました。猫用に作られたスープとはいえ与えすぎも良くないと思い、一日一袋を2~3回に分けてあげています。

なお点滴は皮下注射なので自宅でやれないことはないそうですが、今はまだ獣医の先生にお願いしています。健康状態をチェックしないでやたらと点滴するのもよくないらしく、うちの猫殿の場合はもうかなり痩せており注射針を刺すのが難しくなっているからです。

幸いうちの猫殿は外出が嫌いではないようで、診察中の先生に向かって「何するんだよー」と言わんばかりにときどき前足を出す以外は、街の景色や他の患者さんを興味深そうに観察しながら終始機嫌よさそうにしています。他の患者さんの飼い主から「20歳なの? すごいね! そんな年には見えないね」などとほめられると、猫殿もどこか満足げな表情を浮かべています (もしかしたらお供でついていく私も… (^_^;)

(画像リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |