『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2019年07月24日 (水) | 編集 |
『財界』誌に連載中の拙コラム『英語で夢を見る楽しみ』〔連載第434回 Alliance (同盟)、2019年8月6日号掲載〕に [state of ] belligerency (交戦状態)という日常見かけない用語を載せていますが、これについて若干補足しておきます。日本語で「交戦」というと広義ではゲリラなどの武装組織との戦闘(combat)を意味することもあるようですが、belligerencyは普通は国のような交戦主体(belligerent entity)同士の戦闘状態(行為)を指す言葉だというのが私自身の認識です。もっともこれは国際法(外交・軍事)用語らしく、一般にはcombat(戦闘)やwar(戦争)ほど頻繁には使われていません。

belligerencyというと思い出されるのは日本国憲法第9条2項の条文にある「国の交戦権はこれを認めない」(The right of belligerency of the state will not be recognized.)の一文です(おそらく学生時代の私がこの単語を初めて知ったのもこの条文でした)。これについてネットで検索すると「国の交戦権」(the right of belligerency)という用語そのものに疑義を挟む見解も見かけますが、そもそも戦争を完全否定している国が圧倒的に少ない国際社会においてこの用語を見かける機会が少ないのは当然といえば当然で、そこは日本独自の概念を英語に翻訳したものと理解すればいいと思います。日本発祥の英語の例はいくらでもあるわけですから、「こんな英語は外国では使われていない」とムキになって主張するのは野暮というものでしょう。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |