『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2010年04月14日 (水) | 編集 |
ビデオストリーミング(video streaming)を使ってインターネットで映像を配信する方法はすっかり定着した感がありますが、このように映像をリアルタイムで配信する(stream live)ことを日本語では「ストリーミング[で]生中継する」などといいます。

(例)The performance was streamed live. (その公演はストリーミングで生中継された)
   event streamed live/live-streamed event (ストリーミングで生中継されたイベント)

インターネットで検索してみると、「ライブストリーミング中継」という言い方も使われているようですが、ちょっと冗長に感じられるせいか、これは少数派に止まっているようです。

「ストリーミング生中継」のほかに、「ストリーミング生放送」と書いている例もよく見かけます。かつて、通信と放送がはっきりと区別されていた時代は、インターネットが前者(通信)として扱われていたせいでしょうか、私は今でもインターネットで「放送」するという表現には抵抗を感じます。しかし、パソコンや携帯端末があれば誰でも自由に映像や音声を受信できるようになった今日では、両者を厳密に区別する必要は、もはやないのかもしれません。

【2019.11.9 訳語追加】 live streaming 【ライブストリーミング/ネット[生]中継】
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |