東京・新宿区内で実務文書の翻訳に携わるフリーランスの翻訳者が、日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 (略称:英夢見楽)とその単行本に関するご案内も随時投稿。2016年9月下旬に「~+(プラス)」と改題、装いも新たに新カテゴリー「新宿ネコクラシー」「筆者広報室」「広告只管傍観」を加えました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★新カテゴリーをプラス→→→新宿ネコクラシー筆者広報室広告只管傍観英語名言【New!】楽しい広告をプラス↓↓↓☆彡
2018年06月26日 (火) | 編集 |
コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載誌『財界』最新号(2018年7月10日号)が6月26日発売されました。この号(連載第408回)では Productive talks (実りある対話)と題して、史上初の米朝首脳会談にかけるトランプ大統領が北朝鮮の指導者に対して出した書簡について考察しました。

なお、6月12日号掲載の第406回 Paradoxical peace (逆説的な平和)、6月26日号掲載の第407回 Eruption (噴火)を先ほど筆者のホームページ(コラム「英夢見楽」バックナンバー)に転載しました。

過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年06月23日 (土) | 編集 |
deliverable は(プロジェクトの)「成果物」、(レポートなどの)「提出物」、(顧客への)「納入品」という意味で今日よく使われている名詞です。昔はこの意味で使われていなかったのか、手元の古い辞書には「引き渡し可能な」「配送できる」といった形容詞の意味しか出ていません。

(例) the deliverable[s] of the project (そのプロジェクトの成果物)
    deliverables including reports (報告書などの提出物)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年06月22日 (金) | 編集 |
提出書類の「生年月日」の記入欄は、英文書類では date of birth (dd/mm/yy) または (DD/MM/YY) のように表記します。この場合は日・月・年(西暦)の順になります。

(例) Date of Birth (DD/MM/YY) : 22/06/98 (生年月日:1998年6月22日)

月・日・年の順に書いてもらうなら (mm/dd/yy) または(MM/DD/YY) となります。

(例) Date of Birth (MM/DD/YY) : 06/22/98 (生年月日:1998年6月22日)

前者はイギリス(英国)式、後者はアメリカ(米国)式のスタイルとされています。どちらを使ってもかまわないと思いますが、どちらかに統一しておかないと月と日を取り違えるおそれがあるので (dd/mm/yy) または (mm/dd/yy) のいずれかを明記しておく必要はあります。

西暦を4桁で書かせるなら (dd/mm/yyyy) / (mm/dd/yyyy) とします。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年06月21日 (木) | 編集 |
この国の提出書類には(たいした書類でなくても)いまだに捺印欄があって時代錯誤的な感じを受けることがあります。英訳を頼まれた文書に ㊞ とある場合、外国人はだいたい印鑑を持っていないので、ここは「署名または捺印」と解釈して signature or seal と訳し、そのように注記しておきます。自筆署名はたいてい人には読めないので、この場合「氏名」の欄は Print Name (記名)と解して訳しておくといいでしょう。

(例) Print Name [John Smith]   Signature or Seal (氏名[記名] ジョン・スミス [署名または] ㊞)

署名と捺印を両方とも求める(「署名および捺印」)なら signature and seal と訳します。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年06月20日 (水) | 編集 |
組織名としての○○○センターの最高責任者を日本語では「センター長」と呼んでいる企業が多いようです。英文表記は Head of * Center でいいでしょう (役職名ではなく普通名詞らしく訳すなら「代表」「最高責任者」「統括責任者」など→ Headの項目参照

(例) Head of Research Center (研究センター長)
    Head of Call Center (コールセンター長)

組織によっては Head の代わりに Director とか General Manager を使っているようです。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |